2009年02月03日

1つの裏ワザに沿って中国語をやってみると

1つの裏ワザに沿って中国語をやってみると



突然ですが、あなたは語学が得意でしょうか。それとも苦手でしょうか。
得意だという人には特に何も言うことはありません。




よくわかる!中国語がぺらぺらになる4つの法則と1つの裏ワザ
しかし、「苦手だ」というあなた。
耳よりの情報をお教えしましょう。あなたが語学が苦手だと思っているのは、勉強法が間違っているだけなのです。つまり、本来なら「この勉強法では苦手だ」と言うべきところを、あなたはなぜか単に「語学は苦手だ」と言っているのです。なぜなのでしょうか??

それは、「語学」というと、無意識のうちに学校教育で受けてきた意識が働いてしまうからです。

中学・高校と必修の英語。大学に行った人なら、大学でもやはり必修であったと思います。
しかし、大切なのは中学の時の英語の授業。なぜだかおわかりでしょうか?

なぜなら、多くの人にとって、中学で初めて本格的に外国語の授業に触れるからです。
確かに、外国語に触れる、まぁ外国語といっても中学以前に触れる外国語はほとんどの人が英語だと思いますが、小学生のときから英語には触れている人もいます。今の子供なんか、小学校に入る前から英語のクラスに通っている子もいるくらいですから。時代は変わりました。

話がそれましたが、しかしながら、多くの人にとって初めて本格的に触れる外国語の授業はやはり中学校の英語の授業。では、そこではどういう形で英語が教えられるのか。

「試験重視」ですね。「試験重視の授業」です。もっと言ってしまえば、高校入試対策のための英語です。
少なくとも、「中学で3年間英語の授業を受ければ、海外に行ったときに最低限のコミュニケーションが取れる」といったものではありません。

その証拠に、なんと日本人の多くは中学・高校で合計6年間も英語を勉強したあとでも、「まぁ日常会話くらいなら話せますよ」くらいのことを言える人すら、決して多くはないのです。

6年間ですよ?しかも、中学高校と、まだまだ記憶力も抜群にいい時期の6年です。50歳を超えてからの6年ではないのです。それなのに、なぜこうなってしまうのでしょうか?



さて、冒頭の質問に、「苦手である」と答えた方。安心してください。
つまりあなたは、中学高校で受けた英語の授業をもって「苦手だ」と言っているだけなのです。

それならば、それとは違うやりかたを試してみればいいのです。
そうすれば、苦手ではなくなるかもしれません。

しかしもっと言うと、ここであなたにお話しているこの「4つの法則と1つの裏ワザ」は、すでに「勉強」ではないのです。これは勉強法ではありません。この4つの法則と1つの裏ワザに沿って中国語をやってみると、勉強しているという感覚はなくなります。なので、「語学が得意」も「不得意」も関係なくなるのです。
よくわかる!中国語がぺらぺらになる4つの法則と1つの裏ワザ


posted by tyu at 18:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。