2009年02月03日

中国語なら、別にわざわざ勉強しなくてもできるようになります

中国語なら、別にわざわざ勉強しなくてもできるようになります


そのため、中国語の試験、中国語検定やHSKなどでいい点数を取ることを目的としている人にはこの「4つの法則と1つの裏ワザ」は向いていません。

それもそのはず。先ほど申し上げたように、ここではすでに「勉強している」状態ではなくなっているわけですから。試験なら勉強しなきゃいけません。だから試験勉強っていうんですね。でも、コミュニケーションとしての中国語なら、別にわざわざ勉強しなくてもできるようになります。
よくわかる!中国語がぺらぺらになる4つの法則と1つの裏ワザ


そもそも、試験でいい点数をとるのは何のためなのでしょうか。
もちろん、試験の点数が学校の卒業や授業の単位に影響する、というのであればやらざるをえません。

しかし、以前日本で中国語教師をしていた経験からも言えるのですが、決してそういう状況でもないのに一生懸命「試験勉強」する人が多いんですね。

聞いてみると、「やっぱり試験でいい点数をとれば、それなりに実力がつくと思うから」という回答。
もちろん、この言葉をそのまま答えているわけではありませんが、大なり小なりほぼこういった答えです。

しかし、そういう人で例えば半年なり1年なり時間をかけて試験でいい点数を取り、自信を持って中国語をしゃべっていたという人を、私は一人も見たことがありません。

当たり前です。「試験勉強」してたんですから。さっき説明した中学高校の6年間の英語と同じことしてたんですから。時間もお金も労力もかけて。あぁ実にもったいないです。なぜまた同じ過ちを繰り返すのか。

そして、ひどい人になるとこんなこと言ってます。
「1年かけて勉強して、HSKでも○級を取ったんですけど、話せないんです…」

ここまでくると、もうかわいそうを通り越してあきれてしまいます。
何度同じことを繰り返せばわかるのでしょうか。しかも、その道理はかくも簡単な道理なのです。



「試験勉強ではコミュニケーション能力はつかない」



こんなにも明確で、単純で、しかも中学高校で一度は経験してきたものが、なぜわからないのか…
そういう中国語学習者があまりにも多いので、私はどうしてもこの「4つの法則と1つの裏ワザ」を中国語を勉強している、あるいはこれから勉強しようとしているすべての人に教えたいのです。
よくわかる!中国語がぺらぺらになる4つの法則と1つの裏ワザ
posted by tyu at 18:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。