2009年02月03日

さらにどうやって中国語を勉強していけばよいか、

さらにどうやって中国語を勉強していけばよいか、


コミュニケーションの勉強では、正解不正解が基準ではないのです。
正解不正解が基準なのは試験勉強です。

では、コミュニケーションにおける基準は何なのか。

それは、私の「4つの法則と1つの裏ワザ」を見ていただくしかありません。
考えても、恐らくお分かりにはならないと思います。今まで試験勉強を強いられてきたわけですから。

しかし、この時点ですでに、かなり従来の勉強法とは違うということがお分かりいただけると思います。
とりあえず違うんだ、ということがわかっていただければそれでいいのです。

それ以上を知りたい方は、実際に「4つの法則と1つの裏ワザ」を読んでいただければわかります。

そして、読んでみれば、私の言っていることがわかり、さらにどうやって中国語を勉強していけばよいか、
はっきりするでしょう。やってるうちに勉強しているという感覚もなくなると思いますが。

そうなったら、いてもたってもいられなくなると思います。すぐに始めたくなります。
だって、試験勉強とはまるっきり違う、それでいて中国語でコミュニケーションできるようになる方法が
わかるのですから。

ちなみに、すでにこのやり方を体験した方々のありがたいお声をいただいているので、
ここで紹介したいとおもいます。



東京都 宮前綾子さん OL

『最後まで一気に読んでしまいました。
今自分は、赤ちゃんが言葉を覚えるときのような、そんな感覚で勉強しています。
たとえば、私はこれまで、自分で単語帳を作って通勤のときなどに勉強していましたが、
この方法を実践してから明らかに記憶力が違うということがわかるようになりました。
これが感覚で覚えるってことか!と思いどんどん中国語が出てくるようになりました』



山梨県 伊藤修平さん 会社員

『職場でたまに中国語を使うことがあるんですが、この方法を知る前と知ったあとの大きな違いは、たまにしか使わないのに、そのとき誰が話したことなのか、どういう語調で話していたのか、それをはっきり覚えているということです。これなら、たまにしか使う機会がなくても、忘れないし、次に話すときも自信を持って話せます』



東京都 花田さやかさん 秘書

『現在、東京で台湾人社長の秘書をしています。
ちょっと前まで、あまりの自分の進歩の遅さに焦りを感じていたのですが、
任四郎さんの方法を知ってからは、どんどん前向きになりました。
任四郎さんがなぜ、どんどん間違えたほうがいいって言っていたのか、
それがよくわかりました。そのほうが断然、進歩が速いですからね』



福岡県 河原浩太郎さん 中国駐在員

『以前、日本で買ってきた単語集を中国人の同僚に見せたところ、「うーん、ほとんど使わないよ・・・」と。そこでこの商材の中に書いてあった方法で単語を覚え始めると、中国人の社員たちが口をそろえてホーユエン(河原の中国語です 笑)中国語がうまくなったうまくなったって言い出しました。
なるほど。こうして勉強すれば、何も単語集や参考書なんて買わないでいいんだなってことがよくわかりましたね』



大阪府 井上加奈子さん 台湾系メーカー勤務

『最初は正直、めっちゃ怪しいなぁって思ってました(笑)
時おり辛口のところもあり、痛いなぁと思うこともありましたが、でもすぐにでも実践したくて読んでるときからうずうずしていました。著作権があるので、勝手に人には見せちゃいけないんだろうけど(笑)、最近中国語を学び始めた友人に見せてあげたいなと思いました』

posted by tyu at 18:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。